/

この記事は会員限定です

沖縄知事選、保守完敗の衝撃

「弔い合戦」・好調経済要因か

[有料会員限定]

沖縄県知事選では玉城デニー氏(58)が同知事選では過去最多の39万票を獲得し、政権が全面支援した佐喜真淳氏(54)は8万票差をつけられた。保守陣営からは「最後まで翁長氏との戦いだった」「足元を固めきれなかった」と悔やむ声が漏れる。

佐喜真氏側は自民、公明、日本維新の会などがら推薦を得た。この枠組みで今年の県内市長選は連勝。知事選でも組織戦で36万票を目指した。

知名度で先行する玉城氏を佐喜真氏が追...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り872文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン