2019年3月19日(火)

ロイヤルHD、キャッシュレスのてんや開業 訪日客を意識

2018/10/1 14:20
保存
共有
印刷
その他

ロイヤルホールディングス(HD)は1日、キャッシュレスの天丼店を東京・浅草に2日に開くと発表した。訪日外国人の来店を意識した実験店舗で、メニュー数を既存店から半分に抑えた。注文などをセルフ方式とし、運営の効率化を進めた。

多言語対応のタブレットで注文する

外国人観光客が使う決済手段に対応した。

傘下のテンコーポレーションが運営する「天丼てんや」の新業態で、「大江戸てんや」と別名称にした。外国人観光客の多い浅草の雷門の近くに出店した。決済手段はクレジットカードのほか、中国アリババ集団の「アリペイ」、騰訊控股(テンセント)の「ウィーチャットペイ」などで順次拡大する。現金は使えない。

メニュー数はエビをメーンとする天丼3種と野菜天丼の計4種で、既存店舗の半分にした。タブレット端末で受け付けた注文情報は、厨房のモニター画面にイラストで表示される。

どの食材をどれだけ揚げればいいのかが簡単に分かる。店員の教育期間が短くなり、シニアや外国籍の店員ですぐに慣れるという。人材不足に対応する。

既存店では来店客のうち外国人比率が約9割だったため、新業態に転換した。業務を効率化することで店員の作業時間は12%程度減る見込みで、注文や食器の返却などに戸惑う来店客の対応に振り向ける。新業態で導入したシステムの効果を確認し、同様の店舗を展開するか今後検討する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報