/

この記事は会員限定です

「副業元年」に考えるべき心構え 米田瑛紀氏

エッセンス代表取締役

[有料会員限定]

2018年は「副業元年」と言われている。厚生労働省が1月、企業が就業規則を制定する際のひな型となる「モデル就業規則」について、副業を認める内容に改正したからだ。ソフトバンクグループなど企業の副業解禁のニュースも話題となり、世間は「副業バブル」の様相だ。ただ、それぞれの企業によって人材の育て方など事情が異なる。企業には改めて、副業への心構えが求められているのではないだろうか。

私は企業の副業支援やプロ人材の紹介事業の会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り909文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン