2018年11月19日(月)

ZMP、中国で自律移動の台車販売へ

スタートアップ
自動車・機械
2018/10/1 12:55
保存
共有
印刷
その他

自動運転技術を開発するZMP(東京・文京)は自律移動ができる台車「キャリロ」を中国で販売する。豊田通商を通じて11月に上海で開かれる展示会に出展するのを皮切りに、営業活動を始める。現地ではインターネット通販大手を中心に倉庫の無人化や省人化に向けた投資が旺盛となっており、物流関連を中心に導入をめざす。

「キャリロ」の最新モデル

キャリロは工場や倉庫で働く人の負荷を軽減するために開発された台車。日本国内では2016年に発売し、物流関連の拠点や工場、ホテルなどで採用されている。台車を電動化したほか、無線通信を使った追従機能などがついている。

これまで中国では一部の企業に実験的に導入していたが、手応えを感じたため、本格的に販売を始める。自動運転技術の開発で培った技術を応用して無人で自律移動できるモデルを、中国でも売り出す予定。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報