2018年10月17日(水)

自民選対委員長に甘利氏、首相意向 岸田氏は留任

内閣改造
政治
2018/10/1 13:45 (2018/10/1 14:16更新)
保存
共有
印刷
その他

甘利明氏

甘利明氏

安倍晋三首相は1日、内閣改造・自民党役員人事で甘利明氏を党選挙対策委員長に充てる意向を固めた。2019年の統一地方選や参院選に向けた態勢づくりを急ぐ。甘利氏は首相の盟友の一人で、総裁選では首相陣営の事務総長として陣営を束ねた。要職での起用を決めていた岸田文雄政調会長については留任の方向となった。

甘利氏は麻生派所属で当選回数は12回。12年の第2次安倍政権発足時から経済財政・再生相を務め、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の大筋合意にこぎつけた。16年に金銭授受疑惑で経財相を辞任。17年に党行政改革推進本部長として党幹部に復帰した。

2日に実施する内閣改造・党役員人事をめぐり、首相は政権の骨格を維持する方針を表明している。これまでに菅義偉官房長官や麻生太郎副総理・財務相の留任が決まった。二階俊博幹事長や茂木敏充経財相、世耕弘成経済産業相の続投も固まっている。

首相は1日午後に公明党の山口那津男代表と会談した。山口氏は公明党から入閣している石井啓一国土交通相の留任を求める見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報