/

佐賀の西九州道で土砂崩れ 台風との関連調査

国土交通省佐賀国道事務所によると、1日午前6時半ごろ、佐賀県伊万里市の西九州自動車道でのり面が崩れているのが見つかった。流出した土砂が道路を広く覆い、南波多谷口IC―伊万里東府招ICは上下線で通行止めになった。佐賀国道事務所は台風24号との関連も含めて原因を調べている。

 佐賀県伊万里市の西九州自動車道で崩落した道路脇の斜面(1日午後)=共同

のり面は長さ約120メートル、高さ20~30メートルにわたり崩れた。道路は片側1車線で、土砂は上下線の道路全体を覆った。復旧のメドは立っていない。車が巻き込まれるなどの事故の情報は入っていないという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン