2019年8月19日(月)

ソフトバンク、子ども3歳まで育児休暇 介護中は新幹線通勤OK

2018/10/1 11:16
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクは1日、育児や介護をしながら働く従業員の支援策を強化する。全ての正社員が子どもが3歳になるまで育児休業を取得できるようにする。家族の介護をしながら働く従業員には新幹線などの特急を使った通勤ができるようにする。少子高齢化が進むなか、仕事と家庭を両立しながら働ける環境を整えて人材の定着を図る。

同社の育児休暇はこれまで、店舗や量販店の販売職の正社員の場合は子どもが3歳になるまで、販売職以外は2歳になるまでとしていた。1日から全ての社員を対象に3歳まで取得できるようにする。

販売職社員を対象とする短時間勤務制度も拡充する。従来は子どもが3歳になるまでだったが、小学校を終了するまで利用できるようにする。午前10時~午後5時、午前11時~午後6時、正午~午後7時までと固定されていた時間帯も撤廃し、実働5時間以上なら任意の時間帯で働けるようにする。

介護をしながら働く社員向けでは、新幹線などの特急列車を使った通勤を認め、交通費を全額支給する。常時介護が必要な家族と同居したり、近くに住んだりするために勤務先まで遠方から通わなければならない場合も、離職せずに働けるようにする。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。