/

この記事は会員限定です

名古屋城東に新たな学生街 造形大が移転へ

[有料会員限定]

愛知学院大は施設拡張の方針

名古屋造形大(愛知県小牧市)が名古屋市北区の名城公園東に移転する。運営する同朋学園が今秋、移転先となる国有地約2万平方メートルを取得することが決まる見通しとなった。実際の移転は2020年代前半とみられる。近隣の愛知学院大も20年をメドに施設を拡張する方針で、名古屋城東側の、天守閣を望む一等地が新たな学生街としてにぎわいを増しそうだ。

移転予定地は市営地下鉄名城線の名城公...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン