中国景気 貿易戦争が波及 輸出受注低下、雇用に影

2018/9/30 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=原田逸策】米国との貿易戦争が中国の景気に波及し始めた。中国国家統計局が30日発表した2018年9月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.8と、前月比0.5ポイント低下した。市場予想(51.2)を下回り、春節(旧正月)に伴う特殊要因を除くと16年9月以来2年ぶりの低水準となった。米国が7月以降に発動した追加関税で輸出企業の新規受注が落ち込み、生産を下押しする構図が鮮明になった。

PM…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]