/

この記事は会員限定です

WTO、紛争解決機能まひの恐れ 最終審、1人任期切れ

[有料会員限定]

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界貿易機関(WTO)で30日、最終審にあたる上級委員会(定数7人)のメンバー1人の任期が切れ、審理に最低限必要な3人体制となった。米国は再任や補充を拒否しており、解決の糸口は見えない。日米欧が中国を念頭にしたWTO改革で足並みをそろえる一方で、加盟国間の紛争解決機能がまひする懸念が強まっている。

WTOによる紛争解決手続きは二審制で、一審に当たる小委員会(パネル)と、最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り882文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン