勝負はこれから

フォローする

中日・岩瀬、1000試合登板の記録が持つ意味
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2018/10/2 6:30
保存
共有
印刷
その他

中日・岩瀬仁紀(43)が日本プロ野球史上初の1000試合登板を置き土産に、ユニホームを脱ぐ。数々の奪三振記録を持つ江夏豊さん(阪神など)も、現役の最後は一番の目標にしていたという記録の持つ意味を考えてみた。

2017年8月、米田哲也さん(阪急=現オリックスなど)の持つプロ野球記録、949試合を更新して1位になっていた岩瀬が、ついに大台に乗せた。

歴代最多通算セーブ数も更新

このところは中継ぎを務めていたが、金字塔にあと1つと迫って迎えた9月28日の阪神戦(ナゴヤドーム)で、4-3の九回に登板。死球を与えながらも無失点に抑え、歴代最多の通算セーブ数を407と伸ばし、大記録に花を添えた。

岩瀬は9月28日、史上初の1000試合登板を達成した=共同

岩瀬は9月28日、史上初の1000試合登板を達成した=共同

通算登板数の記録を見ると、岩瀬を筆頭に、米田さん、金田正一さん(国鉄=現ヤクルトなど)944、梶本隆夫さん(阪急)867、小山正明さん(阪神など)856、江夏さん829と続く。

江夏さんの日本経済新聞連載「私の履歴書」によると、プロ18年目の1984年、日本ハムから西武に移ったころの一番の目標は1000試合登板だったという。

シーズン401奪三振など、誰もまねのできないような記録を打ち立て、功成り名を遂げた投手が、最後に行き着いたのがこの記録とは意外な気もしないではない。

何より投げることが大好きで、自分から投げさせてくださいといったことはあっても、きょうは投げられませんといったことはないという江夏さん。誰よりも多くマウンドに上ることが、一番の勲章だったということなのだろうか。

この永年勤続的な記録の意味を語ってくれるレジェンドがいる。王貞治・現ソフトバンク球団会長だ。

通算868本塁打、通算2170打点などのプロ野球記録や数々のタイトルより「自分のなかで最も誇れる数字」としたのが、2831試合という通算出場記録だ。

この数字は1位の谷繁元信さん(横浜=現DeNA、中日)の3021試合、野村克也さん(南海=現ソフトバンクなど)の3017試合に次ぐ歴代3位の記録だ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
第2戦の一回、先制を許した今井(右から3人目)のもとに集まる西武ナイン=共同共同

 リーグの覇者、西武としてはあまりにつらいクライマックスシリーズ(CS)敗退だった。だが、菊池雄星、浅村栄斗が抜け、昨季最多勝の多和田真三郎も不調、という試練を克服するなかで、チームの新しい形も見えて …続き (10/15)

引退試合となったDeNA戦の二回、マウンドへ行き沢村(左)と握手を交わす阿部=共同共同

 自身が「サプライズ的に決断したところがあった」と明かすくらいだから、巨人・阿部慎之助の現役引退には、何かの弾みのような要素がからんでいたのかもしれない。もちろん、引退は選手にとって最大の決断。降って …続き (10/1)

本塁打や打点部門で年少記録を更新し続けるヤクルト・村上。一方で三振の数でもリーグトップを走る=共同共同

 投手としては与四球、打者としては三振が、野球で喜ばしくない記録の筆頭だろう。だが、こうした「マイナス」の記録に、選手の特徴が表れているケースが少なくない。三振や四球からみえてくる選手の味とは……。
  …続き (9/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]