/

この記事は会員限定です

男性不妊治療への助成増額、初回30万円に 厚労省

19年度から、女性と同水準に

[有料会員限定]

厚生労働省は不妊治療を受ける男性への経済的支援を2019年度から拡充する方針だ。治療1回につき15万円の助成を初回に限って30万円に引き上げ、女性への支援と同水準にする。不妊治療を受けるカップルは年々増えており、子どもを持つ希望がかなえられるように後押しする。

体外受精や顕微授精は健康保険が適用されず、1回の治療に50万円以上かかるケースもある。これまでは男女ともに治療1回につき最大15万円を助成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン