サッカー

J1広島、首位陥落 疲れ隠せず終盤に失点

2018/9/29 23:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2連覇を狙う川崎が長崎を2-1で退け、勝ち点を56に伸ばして首位に浮上した。G大阪に0-1で敗れた広島と勝ち点で並び、得失点差で上回った。広島は3戦勝利なしで2位に後退した。

立ち上がりの広島は躍動感にあふれていた。パスを小気味よくつないで試合を支配し、G大阪のゴールににじり寄る。こぼれ球に対する反応、守から攻の切り替えの速さも鋭く、カウンターで相手を置き去りにする場面が何度もあった。

後半にな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 神戸―鹿島 後半、ゴールを狙う鹿島・上田(右)=共同

 後半の鹿島はたびたび動きが鈍った。10日以降は中3日、中3日、そしてこの日の前は中2日という過密日程では無理もなかろう。それでも疲労のピークの中で3点目を取った事実はチームの骨太ぶりを物語った。

【関 …続き (23:18)

 明治安田J1(21日・ノエビアスタジアム神戸ほか=3試合)アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のため変則日程となった第33節は、鹿島が上田らのゴールで神戸を3―1で下し、勝ち点42とした。横浜Mは …続き (22:56)

横浜M―名古屋 後半、決勝ゴールを決め駆けだす横浜M・渡辺(21日、日産スタジアム)=共同

【横浜M2―1名古屋】横浜Mが競り勝った。1―1の後半35分、渡辺が左折り返しを押し込んで勝ち越した。前半から押し込み、41分にエジガルジュニオが先制。後半24分に追いつかれた後も攻め続けた。名古屋は …続き (22:33)

ハイライト・スポーツ

[PR]