2018年10月22日(月)

大阪の警察署から逃走の男 山口で身柄確保、48日ぶり

社会
2018/9/29 21:24 (2018/9/30 0:37更新)
保存
共有
印刷
その他

大阪府警富田林署の容疑者逃走事件で、加重逃走容疑で指名手配されていた樋田淳也容疑者(30)が山口県周南市内で万引きしたとして、窃盗容疑で現行犯逮捕されたことが29日、府警への取材で分かった。8月12日夜に逃走しており、身柄確保は48日ぶり。府警は詳しい動機や逃走経路について調べる。

山口県警周南署から移送される樋田淳也容疑者(30日午前4時23分)=共同

山口県警周南署から移送される樋田淳也容疑者(30日午前4時23分)=共同

【関連記事】樋田容疑者、愛媛に一時滞在か 加重逃走で再逮捕

府警によると、樋田容疑者は29日午後6時25分ごろ、周南市の道の駅「ソレーネ周南」で、餅、菓子パン、総菜など計約1千円相当の食料品を万引きしたとして、警備員から通報を受けた山口県警に逮捕された。指紋が樋田容疑者と一致した。

樋田淳也容疑者=大阪府警提供・共同

樋田淳也容疑者=大阪府警提供・共同

樋田容疑者は「財布を取りに行こうとしただけで万引きはしていない。納得いかない」と窃盗容疑を否認している。逮捕時の所持金は約280円だったという。

樋田容疑者が乗っていたスポーツタイプの自転車が、大阪府富田林市に隣接する羽曳野市内で盗まれたものだったことも判明。府警は周南市まで自転車で逃走した可能性があるとみている。

府警は樋田容疑者が勾留されている山口県警周南署に捜査員を派遣。30日にも加重逃走容疑で再逮捕し、大阪に身柄を移送する方針。府警の広田耕一本部長は30日に記者会見する予定だ。

樋田容疑者は8月12日午後7時半~同8時ごろ、富田林署2階にある面会室で弁護士と接見。弁護士の退室後に姿を消し、署員が異変に気付いたのは同9時45分ごろだった。

容疑者と面会者を隔てるため室内中央に設置されたアクリル板が金属製の枠から外れており、同容疑者は隙間から逃げたとみられる。府警は同署に捜査本部を設置し、約3000人態勢で行方を追っていた。

面会室の弁護士側の扉は施錠されておらず、扉が開くとブザーが鳴る装置が設置されていたが、同署が電池を抜いていたため作動しなかった。同署は接見を終えた弁護士に声がけしてもらう運用だったと説明しているが、8月12日は弁護士が終了を伝えずに引き揚げ、約20人いた署員は接見終了に気付かなかった。

樋田容疑者は大阪府松原市出身。5~8月、20代女性に対する強制性交や強盗傷害などの疑いで計4回逮捕され、逃走まで約2カ月半にわたり富田林署に勾留されていた。

樋田容疑者が逃走後、同府松原市内の樋田容疑者の実家近くや隣接する羽曳野市などで盗難やひったくり事件が相次いで発生。羽曳野市で奪われた財布などの被害品の一部は大阪市西淀川区で見つかった。府警はこれらの事件に樋田容疑者が関与した疑いがあるとみて慎重に調べている。

【関連記事】
逃走容疑者、360キロ西の山口で逮捕 住民に驚きの声
富田林逃走、初動捜査は府南部重視 容疑者は北上?
留置管理の甘さ露呈、苦情1000件超 富田林の逃走事件

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報