/

台風24号、紀伊半島上陸か 列島縦断の恐れ

(更新)
黄円は風速15m/s以上の強風域、赤円は25m/s以上の暴風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲。薄い赤のエリアは暴風警戒域

大型で非常に強い台風24号は29日、沖縄近海で進路を変え、北東に進んだ。速度を上げながら30日午後には紀伊半島付近に上陸し、10月1日にかけて東日本から北日本を縦断する見通し。気象庁は暴風、河川の増水や氾濫、高潮などに警戒するよう呼びかけた。

同庁によると、台風24号は暖かい黒潮の上を通って北上し、勢力を強めながら日本列島に接近する可能性がある。日本の南に停滞する前線の影響で、台風の接近前から西日本から東日本の広い範囲で大雨の恐れがある。和歌山県新宮市では29日午後、1時間に93.5ミリの猛烈な雨が降った。

関東甲信には30日夜から10月1日未明にかけて最も接近し、同日午前の通勤通学の時間帯に交通機関に影響が出る可能性がある。

台風のため期日前投票所閉鎖を伝えるお知らせ(29日、那覇市役所)

全国的に風や海のしけが猛烈なレベルになる見通しで、9月30日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄、奄美、九州南部、四国、近畿が45メートル(65メートル)、東海が40メートル(60メートル)、九州北部、関東甲信が35メートル(50メートル)など記録的な暴風となる恐れがある。沖縄県南城市は29日、この地点の観測史上最も強い最大瞬間風速56.2メートルを観測した。

30日午後6時までの24時間に予想される雨量はいずれも多いところで九州南部、九州北部が500ミリ、奄美、四国、近畿、東海が400ミリ、沖縄、中国が200ミリ、関東甲信、北陸が150ミリ。

台風24号は29日午後6時現在、与論島の西約50キロを時速約25キロで北東に進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速(最大瞬間風速)は45メートル(60メートル)。東側280キロと西側220キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、南西側650キロと北東側560キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

気象庁は29日の記者会見で「市町村の避難情報などに注意し、早めの安全確保や避難につなげてほしい」と呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン