メルケル独首相、人事で変心 ECB総裁より欧州委員長

2018/9/29 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州中央銀行(ECB)総裁よりも政治の要である欧州委員長――。ドイツのメルケル首相が2019年秋の欧州トップ人事での優先順位を明らかにした。ECB総裁ポストの獲得には金融引き締めを懸念するフランスやイタリアが反対し、展望が開けない。ならば米トランプ政権との貿易摩擦で重みが増す欧州連合(EU)トップを狙ってみようというわけだが、真意はどこにあるのか。

欧州最大の経済大国でありながらECB総裁を一度…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]