岡山労働局、ラッピングバスで制度PR 全国初

2018/9/30 6:00
保存
共有
印刷
その他

岡山労働局は若者の採用・育成に力を入れる中小企業を認定する「ユースエール認定制度」、キャリアアップのための公的職業訓練制度「ハロートレーニング」のPRに向けてラッピングバスの運行を始めた。これまで列車の中つりスペースの広告などはあったが、ラッピングバスは全国初という。岡山市内の路線バスとして、2019年3月末まで走る予定。

ラッピングバスの前でテープカットする岡山労働局の千葉局長(左から2人目)ら(28日、岡山市)

ラッピングバスにはPRキャラクターもデザインした(28日、岡山市)

岡山電気軌道(岡山市)の車両2台を使用。色はユースエール認定制度が青、ハロートレーニングはベージュを基調としており、それぞれのPRキャラクターもデザインした。28日の出発式で岡山労働局の千葉登志雄局長は「制度の認知度がまだ『知る人ぞ知る』レベルなので、広める余地がある」としてPR効果に期待を寄せた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]