2018年11月14日(水)

認知機能検査が大渋滞 愛知県警、直営で受け入れ増へ

中部
2018/9/28 20:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

75歳以上のドライバーが免許更新時に受ける「認知機能検査」。その予約の取りづらさが深刻化している。高齢運転者が全国で最も多い愛知県は、およそ2カ月待ちの状態だ。検査を委託する自動車教習所は採算面などから、受け入れを増やすのは難しい。県警は検査会場を警察署や免許センターに切り替えて体制を拡充し、“大渋滞"を解消する方針だ。

「時間がかかりすぎる。もう少し早く受けたい」。8月下旬、名古屋市西区の「C…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報