2019年6月16日(日)

海外フィンテック企業、日本市場にも照準

2018/9/28 17:45
保存
共有
印刷
その他

金融とテクノロジーが融合するフィンテックをテーマにした「フィンサム2018&レグサム」(主催・日本経済新聞社、金融庁)は28日までに国内外のスタートアップ企業29社が事業モデルを競い合う「ピッチ・ラン」を開催した。仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーン(分散型台帳)を活用したサービスなどに注目が集まった。

「ピッチ・ラン」では国内外のスタートアップ29社の中から6社が受賞した(9月28日、東京都千代田区)

28日に表彰式が行われ、ブロックチェーンのデータベースを手がける米エレメンタスと、人工知能(AI)を活用した与信審査システムを開発する中国のフィントピアの2社が「日経賞」を受賞した。

エレメンタスはブロックチェーン上の取引をデータベース化する技術を持つ。仮想通貨交換会社を通じた取引の量や、仮想通貨技術を使った資金調達(ICO)の調達額など事業者のデータをインデックス化、仮想通貨がどの口座に渡ったか把握できる。金融機関など利用者は、データを使った調査やアプリ開発などにつなげられるという。

データベースは仮想通貨としても知られるプラットフォーム「イーサリアム」の取引を把握でき、ビットコインなど他の仮想通貨にも順次対応していく計画という。共同創業者のマイク・カロメニ氏は「グーグルがインターネットの検索エンジンを作ったように、ブロックチェーンの情報を収集できる仕組みだ」とアピールした。

同じく日経賞を受賞した中国のフィントピアはAIを使った与信審査のシステムを開発し、その技術を基に「ピア・ツー・ピア(P2P)金融」と呼ぶ個人間融資のプラットフォームを運営する。利用者のネット上の購買行動などをビッグデータで解析して与信をスコア化する。

同社によると、中国を中心に借り手は2000万人に上り、利用当初は100ドルから提供して徐々に引き上げる。貸倒率は2~3%に抑えられているという。インドネシアや日本にもすでに拠点を立ち上げており、海外展開を加速させる。最高技術責任者(CTO)の耿博氏は「中間層が増えるアジア事業を拡大していく」と意気込む。

従来の金融機関も無視できない存在となっているフィンテック。KPMGの調査によると、17年のフィンテック関連のM&A(合併・買収)やスタートアップ投資は世界全体で310億ドル(約3兆5000億円)に達した。海外ではユニコーン(企業価値が10億ドル以上の未上場企業)も相次ぎ誕生し、中には日本展開を図る企業も出てきている。

25日にフィンサムに登壇した英ネット銀行のレボリュートはその代表格の一つだ。手数料無料の送金サービスなどを欧州を中心に28カ国に展開しており、利用者は約280万人に達するという。近く米国や日本、シンガポールなどにも参入する計画で、ニコライ・ストロンスキー最高経営責任者(CEO)は「既存の金融機関よりスピード感を持って事業を拡大していく」と話した。

国際送金に加え、アプリ上で旅行やスマートフォン(スマホ)補償などの保険も販売するレボリュート。利用者の位置情報を使って渡航前にアプリで1日単位の保険への加入を促したり、旅行期間中だけ自動加入したりできる。「場所や時間を選ばずにすぐに加入できるのが特徴だ」(ストロンスキー氏)

レボリュートのように、フィンテックと保険を融合する「インシュアテック」も日本で広がりそうだ。17年に香港取引所に上場した中国のネット専業保険、衆安在線財産保険(衆安)はこのほど損害保険ジャパン日本興亜と提携、商品開発のノウハウや低コストのシステムを日本市場向けに提供する計画だ。中国国外への展開は衆安にとって初となる。

アリババ集団や騰訊控股(テンセント)、ソフトバンクグループなどが株主として名を連ねる同社。通販サイトで購入した商品の返送やスマートフォン(スマホ)の修理に使える保険など300点以上を取り扱い、契約者は4億人を超える。

海外事業を手がける衆安科技国際のプレジデント、許煒氏はパネル討論で「利用者のデータを活用して、需給に応じて最適な価格を決めるダイナミックプライシングを提供している。保険会社にとっては顧客のニーズを把握することが一層重要になる」と強調した。

フィンテックを巡っては日本国内でもスタートアップ企業の大型調達や、大手IT企業や通信会社との協業が相次ぐ。業界からも「フィンテックを活用したキャッシュレスの動きが日本でもようやく動き始めた」と期待は大きい。国内からフィンテックのユニコーンはまだ生まれていないが、それだけチャンスが大きいと言える。  (駿河翼)

フィンサム「ピッチ・ラン」の受賞企業
日経賞 エレメンタス(米国) フィントピア(中国)
SBIグループ賞 オンフィード(英国)
NTTデータ賞/野村ホールディングス賞 トラストドック
UK賞 ギンコ、アルパカジャパン

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報