2018年12月17日(月)

ゲノム編集の受精卵研究、来年4月にも解禁

ヘルスケア
科学&新技術
2018/9/28 17:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

文部科学省と厚生労働省は28日、狙った遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」による受精卵の研究について、基礎研究に限り認める方針を決めた。女性の子宮に戻すような医療応用は当面禁止する。2019年4月にも解禁する。不妊症などの解明に役立つと期待される。

解禁するのは、ゲノム編集を使って人の受精卵の遺伝子を改変する研究。研究に使用する受精卵は不妊治療で余ったもので、冷凍保存期間を除いて受精後14日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報