/

この記事は会員限定です

iPS使わない再生医療、体内に遺伝子入れて細胞転換

[有料会員限定]

体内に特定の遺伝子などを入れて病気になった臓器や細胞を正常に戻す新しい再生医療の研究が進んでいる。「ダイレクトリプログラミング」と呼ばれる技術で、iPS細胞を使った治療に比べて簡単で安価な治療法になる可能性がある。安全性などが確認できれば、新しい再生医療として実用化されそうだ。

九州大学生体防御医学研究所の鈴木淳史教授や三浦静特任助教らは、人間の血管の内皮細胞から、腸の元となる前駆細胞の作製に成功...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り892文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン