2018年10月19日(金)

ネットが存在感 ITで被災地支援
平成の30年 大災害を生きる(5)

平成の30年
2018/9/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

甚大な被害をもたらした2011年3月11日の東日本大震災。人びとは普及し始めたスマートフォン(スマホ)でつながり、ライフラインとしてインターネットの存在感が明確になった。利器を被災者の支援に生かそうと、数多くのIT(情報技術)エンジニアが走り出したのが3.11だった。手応えを感じつつ、挑戦はなおも続く。

被災地のために、ITで自分にできることは何だ――。3.11に直面し、そう自問して行動に移すエ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

途絶えた供給網 企業の生命線揺らす[有料会員限定]

2018/9/22 2:00

原発事故が多発、崩れた安全神話[有料会員限定]

2018/9/15 2:00

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報