2018年12月10日(月)

受験後ひと息? 高1の4人に1人は自宅学習せず

2018/9/28 17:00
保存
共有
印刷
その他

高校1年生の4人に1人は、自宅など学校外で勉強していないことが文部科学省の調査で28日、分かった。中学時代に比べて勉強しない人が大幅に増えた。文科省の担当者は、補習が多い高校は学校での学習時間が長く、部活動やアルバイトも要因として考えられると指摘。「高校受験を終えのんびりしていることもあり得る。学習習慣を注視したい」と話した。

2001年に生まれた特定の子供に毎年さまざまな質問をして経年変化をみる「出生児縦断調査」で調べた。文科省は対象の子供が高1だった17年に実施し、約3万人が答えた。

家や塾での勉強時間を尋ねると、平日に「しない」と答えた生徒は25.4%。「1時間未満」は29.3%、「1~2時間」は27.7%、「2~3時間」は11.9%となった。

高校受験が本格化する中3時点では「しない」とした生徒は6.0%で、中1や中2時点でも9%台となっており、高校進学後に大幅に自宅などでの勉強時間が減った形だ。中3時の成績が上位と答えた生徒ほど学校外で勉強に費やす時間は長い傾向もみられた。

一方、高1生に悩みや不安を尋ねると、男女ともに進路に関することが最も多かった。自身で考えている将来の進路は「大学卒業後に働く」が半数以上を占めた。進学を希望する分野は男子は理系学部・学科が43.7%で文系学部・学科の32.1%を上回った。女子では文系が41.5%で理系の27.5%より多かった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報