2018年12月17日(月)

パルスボッツ、1億2000万円調達

スタートアップ
2018/9/28 12:27
保存
共有
印刷
その他

ロボットに搭載する会話システムを開発するパルスボッツ(東京・目黒)は27日、1億2000万円を調達したと発表した。チャットボット(自動応答システム)やスマートスピーカー、ロボットに組み込むコミュニケーションシステムを開発している。調達した資金で独自のロボットやシステムの開発費用やエンジニアの採用に充てる。

あらかじめ録音した音声を、会話に合わせて再生する台座を開発した

デジタル・インフォメーション・テクノロジーNSDメンバーズ、ボヤージュベンチャーズ、ハイジ・インターフェイスを引受先とする第三者割当増資をこのほど実施した。

パルスボッツは2015年設立。ロボットやチャットボットが人とコミュニケーションをとれるようにする会話作成サービスなどを開発している。飲食店での接客などを想定したシナリオをあらかじめ作成しており、導入する各店舗で店舗名やメニューなどを登録するだけで利用できるようにする。2019年にも外部企業への提供を始める予定。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報