企業は「稼ぎ口」改革にこそ目を 日置圭介氏
モニターデロイト パートナー

2018/10/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ここ数年の働き方改革の流れは、今夏に残業時間の上限規制などを盛った関連法が成立したことでひとつの節目を迎えた。労働者の健康を守るとともに多様な勤務形態に配慮する制度を整備することで、少子化問題にも何らかの好影響があることを期待している。ただこんな時こそ、企業が稼ぐ力や生産性を高めるため、働き方改革だけで満足していいのかと問いたい。

答えは言うまでもなくノーだ。特に全ての企業が一様に残業削減のみを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]