/

この記事は会員限定です

遺伝子データで「あなただけのがん治療」 中外製薬など

[有料会員限定]

がん治療の分野で、患者ごとに最適な方法を提供する「カスタマイズ型」の道が開けてきた。中外製薬は遺伝子を分析して抗がん剤を選ぶサービスを2018年度内にも始める。コニカミノルタは発症リスクを分析する新会社を10月に始動させる。究極の個人情報とも言える遺伝子の解析は米グーグルやソフトバンクグループなどIT(情報技術)勢も成長分野と位置づける。ビッグデータは難病治療や創薬などの常識をも変えようとしている。

保険適用なら数万円で

中外製薬が始めるのは、がんに関連する遺伝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン