IFRSの拡大と会計の変質(5) 多くの国が原則主義を評価
田中弘 神奈川大学名誉教授

2018/10/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

会計基準には「原則主義」によるものと「細則主義」によるものがあります。国際会計基準(IFRS)は原則主義で、日本や米国の会計基準は細則主義です。

原則主義は、基本的な原理原則を定めて細かなルールは決めず、実務に適用する際は企業が置かれた状況に応じ、原理原則の趣旨に沿って解釈するというものです。英国では伝統的な会計観です。原則主義では、基準は守るべき最低限のルールであり、それを守っただけでは適正な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]