2018年10月22日(月)

樹脂製EV、車体4割軽く 東レ・住化など

環境エネ・素材
科学&新技術
2018/9/28 10:38
保存
共有
印刷
その他

東レ住友化学ブリヂストンなどは28日、主要な部材を合成樹脂に置き換えた電気自動車を公開した。モーターなどの駆動部分やバッテリーを除いて金属やガラスを使っていない。車体の重さは全体で4割ほど軽くなり、一回の充電で走行できる距離を大幅に伸ばせるとみている。

試作した電気自動車はコンセプトカーで、大学や素材メーカーなどが参加する内閣府のプロジェクトで試作した。大学の研究成果をもとに、参加したメーカーが改良し、強度や耐久性を大幅に向上させた。

新開発の樹脂を使用したコンセプトカー「ItoP」(28日午前、東京都江東区)=石井理恵撮影

新開発の樹脂を使用したコンセプトカー「ItoP」(28日午前、東京都江東区)=石井理恵撮影

車体の構造部分は東レが開発した炭素繊維で強化した樹脂を使い、金属のほぼ半分の重さにした。部材の1カ所に力が集中しないようにし、耐久性は従来の炭素繊維強化プラの約3倍に高めた。2種類の樹脂をもとに住化が作った透明樹脂は、フロントガラス用の強度試験で割れないことを確かめた。ブリヂストンは分子構造を網目にすることで亀裂が入りにくいゴムを開発、タイヤを薄くして軽量化した。

新開発の樹脂を使用したコンセプトカー「ItoP」の内部(28日午前、東京都江東区)

新開発の樹脂を使用したコンセプトカー「ItoP」の内部(28日午前、東京都江東区)

プロジェクトを指揮する東京大学の伊藤耕三教授は「10年後をメドに実用化を目指したい」と話す。材料費は数倍になるため、安価な製造技術の開発にも取り組む。

世界の電気自動車の開発競争は激しくなっている。バッテリーやモーターだけでなく、車体の軽量化も性能向上へのカギを握る。

保存
共有
印刷
その他

車の未来 電池求め西へ 製薬や機械、異業種が参入[映像あり][有料会員限定]

2018/9/27 12:00

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報