宮城県名取市、温泉を津波被災地・閖上の新名物に
(とうほく地方創生 気になる現場)

2018/9/27 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)地区。震災前の活気を取り戻そうと、市は温泉を掘り当てた。温浴施設を市民に親しまれた「サイクルスポーツセンター」に併設し、市民や観光客を呼び込む起爆剤に育てる。周辺では、水辺を生かした商店街の整備など新たなにぎわい創出の取り組みが進む。

温泉掘削工事は今年3月に終了。1200メートルに達した地点で湯量や成分などから温泉の湧出を確…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]