/

この記事は会員限定です

政府の危機管理、20年で迅速化・トップダウンに変更 不断の見直しは必要

[有料会員限定]

大阪北部地震、西日本豪雨、台風21号、北海道地震――。この夏は大規模な災害が相次ぎ日本列島を襲ったが「政府の初動対応が遅い」といった声はあまり上がらなかった。1995年1月の阪神大震災を契機に、政府は組織体制を見直して緊急時に備えてきたためだ。ボトムアップで情報を上げるやり方から、まず首相官邸に情報を集約し、トップダウンで関係省庁を動かす仕組みになっている。

6日の午前3時8分。北海道で震度7の地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1482文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン