三菱UFJ、幻のモルガン買収 リーマン危機10年
金融大手編(中) 次の10年、攻めの改革カギ

2018/9/28 6:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米リーマン・ブラザーズの破綻から1週間後の2008年9月22日。三菱UFJフィナンシャル・グループは経営危機に陥った米大手投資銀行、モルガン・スタンレーへの巨額出資方針を発表した。電撃救済から10年、両社は蜜月関係を築き「最も成功したディール(取引)の一つ」と評価される。今はウォール街も息を吹き返した。次の10年で日米金融連合はさらに発展できるか。

「100%を持ってもらえないか」。08年9月の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]