日米、火種抱え新交渉 農産品の扱いが試金石
車関税で圧力の懸念も消えず

2018/9/27 22:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=辻隆史】日本と米国が関税交渉に進むことになった。日本は米国に多国間の自由貿易に戻るよう働きかけてきたが、自動車への関税引き上げを避けるには2国間のテーブルにつくしかなかった。交渉しているうちは自動車への関税を回避できるが、農産品の市場開放を中心に米国の要望がどこまで強まるかはまだ読めない。

【関連記事】日米物品協定、年明け交渉 車の追加関税 当面回避

26日に公表された日米共同声明…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]