2018年12月17日(月)

そごう神戸、「神戸阪急」に 19年10月から屋号変更

小売り・外食
関西
2018/9/27 18:13
保存
共有
印刷
その他

エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)は27日、傘下のそごう神戸店(神戸市)と西武高槻店(大阪府高槻市)の屋号を変更すると発表した。2019年10月1日にそれぞれ「神戸阪急」、「高槻阪急」に切り替える。屋号変更後は阪急阪神百貨店のポイントカードなどのサービスを両店で利用できるようにする。H2Oの百貨店経営のノウハウを導入して再生を目指す。

そごう神戸店は三宮の好立地で営業してきた

そごう神戸店は三宮の好立地で営業してきた

H2Oは17年10月にセブン&アイ・ホールディングスから2店の経営権や建物などを151億円で買収した。これまでは屋号は変えずに営業し、そごう・西武のサービスを提供してきた。屋号変更後は阪急阪神百のお歳暮ギフトのカタログや、共通ポイントカードを使えるようにする。阪急阪神百が得意とする食品や化粧品の売り場や商品を導入し、テコ入れする。

そごう神戸店は1933年に開業。神戸市三宮の駅前の好立地に位置し、売上高はピーク時に年間約1500億円を誇っていた。ただ最近では大規模投資が見送られており、ライバルの大丸神戸店に水をあけられていた。売上高も直近ではピーク時の半分まで落ち込んでいた。

そごう神戸店は阪神線の神戸三宮駅に隣接している。屋号を神戸阪急に変更することについては、H2Oは前身の阪急百貨店が阪神百貨店を吸収して誕生した経緯が影響したとみられる。

屋号変更について、神戸市や地元経済界の関心は高い。「そごう名でなくなるのは寂しいが、阪急電鉄は三宮駅前のビル建て替えも進めており、オール阪急で都心部の活性化に寄与してくれることを期待したい」(神戸商工会議所幹部)との声が聞かれた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報