2018年12月19日(水)

豪公共放送会長が辞任 政権「忖度」人事で批判浴び

南西ア・オセアニア
2018/9/27 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シドニー=松本史】豪公共放送、オーストラリア放送協会(ABC)のジャスティン・ミルン会長が27日、辞任した。政権に「忖度(そんたく)」した社内人事を指示していたことが報道され、辞任を求める声が高まっていた。政権と公共放送の関係が浮き彫りになり、報道機関の独立性や報道の中立性が改めて議論を呼びそうだ。

ABCは24日、初の女性社長だったミシェル・ガスリー前社長の任期途中での更迭を発表した。ミルン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報