トヨタ5000店、サービス拠点に カーシェアなど新機軸

2018/9/27 18:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車が国内販売の抜本改革を決め、27日に販売店に説明した。現在4つある販売チャネル(系列)の店舗は全国5千店。日本でもカーシェアリングにより「所有から利用へ」という消費者意識が広がる。国内市場が縮小する中、新車販売への依存から脱却し、サービスで稼ぐモデルへの衣替えを急ぐ。

【関連記事】トヨタ、全店で全車販売 脱・系列、車種も半減

車の鍵を開けるのに使うのはスマートフォン(スマホ)。予約から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]