/

この記事は会員限定です

運用難が押し上げる日本株、独り勝ちの米株に不安要素

証券部 黄田和宏

[有料会員限定]

27日の日経平均株価は230円を超す下げとなり、9月中旬から続いた連騰は止まった。日経平均は26日までの8連騰で1400円(6%)強上昇していたため、短期的な過熱感から利益確定売りが広がり、安値圏で取引を終えた。世界的に見た日本株の出遅れ感を背景とした買いがひとまず一服し、海外投資家はさらに買い増すべきか様子をみている。

今週、米国でヘッジファンドを訪問した野村証券の松沢中氏は最近の日本株の上昇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン