/

この記事は会員限定です

ストロー最大手 研究開発拠点、水に溶けるストロー開発へ

海洋プラスチック問題対応で

[有料会員限定]

ストロー大手の日本ストロー(東京・品川)は研究開発拠点を新設する。水中で自然分解するストローや紙製ストローの開発を急ぐ。プラスチックごみの不法投棄や海洋流出が問題になり、飲食店やホテルではプラスチック製ストローの使用中止が相次いでいる。環境負荷の低いストローの開発で先行し、「ストロー離れ」を商機に変える。

日本ストローはパック飲料などに使う伸縮ストローの最大手で、年60億本近くを出荷する。熊本工場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り327文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン