山梨交通、子会社と合併へ 運転手不足に対処

2018/9/27 15:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山梨交通(甲府市)は10月1日、タクシー・バス子会社の山交タウンコーチ(同)を吸収合併する。合併により運転手不足に対処し、路線バスを維持するのが狙い。

山梨交通は主に甲府市周辺で路線バスや高速バス事業を営む。山交タウンコーチはタクシーや観光バスを中心に、韮崎市や静岡県富士宮市などで路線バスを運行している。合併後の山梨交通のバス保有台数は232両、従業員数は550人となる。

高速バスと観光バスでは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]