2019年7月22日(月)

美走・快走・楽走

フォローする

マラソンレース前に気をつけること
ランニングインストラクター 斉藤太郎

(1/3ページ)
2018/9/30 6:30
保存
共有
印刷
その他

10月に入ると、毎週のように各地で大きなマラソン大会が開催されるシーズンになります。目標の大会が近づいてきた方が多いと思います。今回はマラソンレース前の、よくある失敗や気をつけたいことを紹介させていただきます。

ツール

ウエア、シューズ、ソックスはレースで着用予定のものを事前に試しておくことをおすすめします。真新しいシューズをいきなりレースで履く方はあまりいないとは思いますが、足になじませるためにも10~20キロの距離を1~2回は走っておきたいところです。レース用にあまり履かずにとっておくシューズと練習用シューズとを使い分けている上級ランナーもいます。ソール(靴底)のすり減りやクッション性を保持したいためです。

ソックスとシューズの相性もあります。靴の中で滑ったり、擦れたりでマメができてしまうこともあるので、こちらも慣らしておいてください。ウエア、小物を入れるポーチも同様です。擦れてしまう、だぶつく、きつくて引っかかるなどフォーム、体形との相性もあるものです。あらかじめ練習で試しておくとよいでしょう。

ウエア、シューズ、ソックスはレースで着用予定のものを事前に試しておこう

ウエア、シューズ、ソックスはレースで着用予定のものを事前に試しておこう

移動

長距離移動は座位で同じ姿勢が続き、背筋や骨盤周りが固まってしまいます。当日移動の場合、会場に着いてから、移動の疲れはあっても散歩で会場内を少し歩き回ることで凝りをほぐしてみてください。じっとしているよりも、きっとよい走りができるはずです。昔、電車の移動で1時間以上全く座れずにそのまま1万メートルの競技会に出場したことがありました。座って寝てしまうより、走る体には適したことだったのでしょうか、意外にも快走できたのが驚きでした。

前泊の場合、チェックインして体を休めた後は、いったんは外に出てみましょう。散歩や軽いジョギングで筋肉を動かしてから入浴でリラックス。テレビの天気予報でもチェックしながらストレッチができたら最高のパターンです。ユニットバスの部屋でしたら、入浴剤を使うとリラックスできます。

温泉では長湯は避けた方がいいでしょう。筋肉がゆるむのはいいのですが、レース前の緊張感までもがゆるみ、疲労が表に出てきてぐったりとした感覚でレースを迎える可能性もあります。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

コラム「美走・快走・楽走」

コラム「今日も走ろう」

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

美走・快走・楽走 一覧

フォローする
ランニングにコツコツと取り組めば進歩を確実に感じ取れる

 今回はランニングの技術論から離れ、生活におけるランニングの役割について書きたいと思います。プレーヤーの人数制限がある競技と異なり、ランニングの大会は制限時間こそありますが、エントリーを済ませれば誰も …続き (7/3)

ニッポンランナーズではミニハードルを使ったスラローム走に取り組んでいる

 あるクリニックで、こんなお父さんの質問がありました。「小学生の息子と親子ランニングをしたいけど、ついてきてくれません」。オーソドックスな回答は「もっとゆっくりしたペースで走ってあげてください」ですが …続き (5/29)

バランスの崩れた姿勢で走ると、膝や腰を痛める原因になる

 9月15日に開催されるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)とその先の東京五輪に向けて、男女マラソン界が盛り上がっています。NHKの大河ドラマ「いだてん」からも刺激を受けて走り始めようとする方 …続き (3/31)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。