2018年12月11日(火)

物品貿易協定(TAG)とは モノにかかる関税が対象

経済
政治
2018/9/27 10:28
保存
共有
印刷
その他

▼物品貿易協定 略称はTAG(Trade Agreement on goods)。複数国の間でモノの輸出入にかかる関税の引き下げや撤廃について定める協定。農産品や工業用品など幅広い貿易品目が交渉対象になる。

日本政府は、関税だけでなく、投資やサービスの自由化にも範囲が及ぶ自由貿易協定(FTA)とは別の協定だとの立場だ。安倍晋三首相はトランプ米大統領との会談後の記者会見で「TAG交渉はこれまで日本が結んできた包括的なFTAとは全く異なる」と説明した。

共同声明では、交渉のメドがたった後、投資などの分野についても2国間交渉を始めるとしている。日米でTAGを交渉する場合、米国は議会承認が必要となる。

【関連記事】
日米、物品貿易協定の交渉開始 車関税は当面回避
車関税上げ回避も薄氷続く 日米が物品貿易協定交渉
日米共同声明全文 物品貿易協定の交渉入り明記

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報