2018年10月17日(水)

覚醒剤製造か 所持容疑で名古屋の大学生を再逮捕

中部
社会
2018/9/27 11:30 (2018/9/27 13:27更新)
保存
共有
印刷
その他

高性能爆薬「過酸化アセトン(TATP)」を製造したとして名古屋市の大学1年の少年(19)が逮捕された事件で、愛知県警は27日、自宅で覚醒剤を所持したとして、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで少年を再逮捕した。県警は少年が自ら製造したとみている。

愛知県警が大学生の自宅から押収し、覚醒剤の成分が検出された液体=愛知県警提供

県警によると、少年は「興味本位で市販薬から作った。自分で使うつもりはなかった」と供述しているという。

県警は8月20日、TATPを製造した爆発物取締罰則違反容疑などで少年を逮捕。その際の家宅捜索で押収した液体を鑑定した結果、覚醒剤の成分が検出された。液体は少年の自室でビーカーに入った状態で見つかった。

再逮捕容疑は8月20日、名古屋市緑区の自宅で、覚醒剤約0.6グラムを所持した疑い。

少年は交流サイト(SNS)上で、覚醒剤など違法薬物の原料や製造方法について積極的に情報交換をしていた。県警は少年が自宅で作ったとみて製造の経緯を調べる。

県警は9月7日、3Dプリンター製の拳銃を所持したとして銃刀法違反容疑で少年を再逮捕し、名東署に捜査本部を設置した。3Dプリンターで拳銃を作った武器等製造法違反(無許可鉄砲製造)の疑いもあるとみており、同じ機種で銃の部品を作る再現実験や、実弾を発射する強度があるかどうかの確認を進める。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報