/

この記事は会員限定です

がんの反撃はじまる 7000万円「特効薬」の攻防

[有料会員限定]

がん特効薬と呼ばれる「オプジーボ」に続き新たな免疫療法「CAR-T(カーティー)細胞」が注目されている。特定の白血病患者の8割に効くという驚異的な効果の反面、治療費は1回7000万円を超えるケースも出てきた。さらに追い打ちをかけるのが「がんの反撃」という不穏なニュースだ。

難治性白血病の8割以上に効果

「ほんとうにこの薬をまっていた」――。声をふりしぼるように語るのは福岡県に住む40歳代の会社員、中川昭博さん(仮名)だ。4歳の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3885文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン