/

この記事は会員限定です

大谷、10月に右肘手術 早期の打者復帰を希望の光に

[有料会員限定]

【アナハイム=篠山正幸】米大リーグ、エンゼルスは25日、大谷翔平(24)が右肘の靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けると発表した。10月の第1週にロサンゼルスで行う予定で、投手復帰まで1年以上を要するが、打者出場は来季も可能という。投打の「二刀流」は2020年以降になる。

今季最後の登板となった9月2日のアストロズ戦は三回途中、49球での降板となった。一回は160キロ近く出た球速が、急激に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り806文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン