/

閉館の「こどもの城」、複合施設に活用へ 東京都

東京都の小池百合子知事は26日、2015年に閉館した旧国立児童館「こどもの城」(東京・渋谷)の建物を大規模改修し、都民の学習やスポーツ、創業などの場となる複合施設として活用する方針を表明した。建物と土地の早期取得に向け、所有者である国と協議を進める。都議会の代表質問で答弁した。

小池知事は「ダイバーシティー(多様性)の実現に向け、『都民の城』とも呼べる複合拠点を創出したい」などと述べた。

性別や年齢、障害の有無にかかわらず、誰もが利用できる施設を想定。2020年東京五輪・パラリンピックでも利用を検討する。

旧こどもの城は1985年に開館し、全国唯一の国立児童館として30年にわたって親子連れなどに親しまれた。民間のテーマパークなど子供の遊び場が増えたこと、施設の老朽化などを理由に、15年2月に閉館した。

東京都は舛添要一前知事時代に都立病院の移転先として跡地を取得することで国側といったん合意。16年8月に就任した小池知事が計画を白紙に戻し、活用方法を検討していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン