イビデン、野菜の育成を促進する液剤 試験栽培開始

2018/9/26 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イビデンは野菜の育成を促進する液剤を開発し、岐阜県や愛知県の農業生産者と試験栽培に乗りだした。ニンジンやジャガイモなどの味、生産性の向上につながる。「生産が軌道に乗れば植物工場に出荷する販路を考えたい」(青木武志社長)という。

自社開発した植物活性化剤は、植物油に菌を加えて発酵させてつくりだした液体。これまでに試験的に育てたデータではニンジンの場合、根の部分の重さが一般の栽培法より6割増え、機能…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]