/

林原、スイス製薬大手と長期契約 水溶性カプセル原料供給

バイオ企業の林原(岡山市)は26日、スイス製薬大手のロンザと長期パートナーシップ契約を結んだと発表した。サプリメント向けの水溶性カプセルの原料となる天然多糖類「プルラン」を安定的に供給するほか、ロンザの新商品を共同で開発することも計画している。

プルランは、とうもろこしデンプンを酵母で発酵させて造る。水溶性や被膜性に優れており、食品や化粧品の原料に多く使われている。林原は1972年に製造法を開発し、2002年からはロンザの子会社で医薬品などのカプセル大手、米カプスゲルに原料として供給している。

林原はプルランの安定供給に向けて、岡山第2工場(同)で製造設備を増強する。19年中の着工を予定しており、詳細は今後、詰める。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン