/

この記事は会員限定です

米で号砲、ついに始まった「5G」先陣争い

IT Globe 小池良次(ITジャーナリスト)

[有料会員限定]

米国で早くも次世代通信規格「5G」を利用したサービスが始まる。米ベライゾン・ワイヤレス(ベライゾン)が世界最初の5Gサービス「5Gホーム」を10月1日から開始するのだ。対象地域はヒューストン、インディアナポリス、ロサンゼルス、サクラメントの4都市。同サービスは携帯端末向けではなく、オフィスや自宅への「固定5Gサービス」。通信速度は平均1秒当たり300メガビット(最速は1秒当たり1ギガビット)を予定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン