/

この記事は会員限定です

トヨタ、縮む国内市場に焦り 販売網を効率化

脱・系列、全店で全車種販売

[有料会員限定]

トヨタ自動車が国内販売車種の一本化に踏み切るのは、国内市場が縮む中で既存のビジネスモデルが通用しなくなるためだ。苦渋の再編に踏み切る背景には、IT(情報技術)大手が進める電動化や自動運転、カーシェアリングの台頭がある。自動車販売業界にかつてない逆風が迫るなか、販売店どうしの垣根をなくし、地域に密着した新サービスが勝ち残りの鍵を握る。

豊田章男社長は社内外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1379文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン