2018年12月12日(水)

学術支えるシステムが劣化、科研費改革の狙いを聞く
科学記者の目 編集委員 滝順一

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2018/10/1 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

文理を問わず大学などで行われる学術研究を支えてきた科学研究費補助金(科研費)制度が前身の制度発足から数えて100年を迎えた。科研費を運営する日本学術振興会は科研費の運営のやり方を2018年度から大きく見直した。改革の背景と狙いを日本学術振興会の永原裕子・学術システム研究センター副所長(東京工業大学地球生命研究所フェロー)に聞いた。

――科研費改革の背景と狙いは。

「多くの研究者は大学や研究所など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報