2019年5月23日(木)

iPS医療、臨床応用相次ぐ 心臓、脳、血液などにも

2018/9/27 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

iPS細胞を実際の患者に使う臨床応用が広がっている。京都大学が血液成分の血小板を難病患者に輸血する臨床計画が21日、厚生労働省の専門部会で了承された。目、心臓、脳でも進む。富士フイルムなども2018年度中に臨床試験(治験)を申請する予定で、企業での取り組みも活発になってきた。日本で生まれたiPS細胞による治療が、実用化へさらに一歩踏み出し始めた。

iPS細胞は、皮膚や血液といった細胞に特定の遺伝…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報